ムラサキシキブ コムラサキ 1
キレイな青紫色の蕾です。

● ムラサキシキブ コムラサキの品種の特徴

樹高1.2~2mの低木です。果実はムラサキシキブに比べ固まってつくのが特徴でコシキブ(こむらさき)とも呼ばれます。背丈も小さくコンパクトにまとまります。生け花にも良く用いられる、美しい実をつける植物です。
紫色の花や実の美しさを平安時代の才女“紫式部(むらさきしきぶ)”にたとえたといわれます。枝に鈴なりに生る実も美しいです。
病害虫に強く、手間の掛からない落葉樹です。

ムラサキシキブは、秋の初めごろ雑木林などの林縁や明るい林の中で鮮やかな小さな果実をつけます。美しい果実が人目を惹きます。枝が細くまばらにつくので野趣に富み、近年、雑木の庭に時折用いられるようになりました。

学名
Callicarpa dichotoma クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
別名
ミムラサキ、コメゴメ、コシキブ
開花時期
6月頃
花色・大きさ・花形
ピンク
結果年数
1~2年
最終樹高
地植え:1.2m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
最終葉張り
0.5m ~ 1m 
栽培用途
鉢植え、庭植え、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場など
植栽適地
北海道~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんどつかない
花言葉
上品

ムラサキシキブの育て方


植え方・用土

移植や植え付けは9月~入梅までに行います。肥沃な土地を好む木です。日陰でも強く育ちますが花付きを良くするためには日あたりで育ててください。
植え付けの際は腐葉土や花ひろば堆肥“極み”を多めにすきこみ植えます。水はけの良い場所を好みます。鉢植えでも大丈夫ですが、根詰まりを起こしやすいので1年に一回は大きな鉢に植え替えてやるほうがオススメです。


水やり

夏の暑い時期は水切れをおこしやすいので、たっぷり水を与えてあげてください。


肥料のやり方

2月に寒肥を株周りに堆肥と油かすなどを多めに埋め込みます。


剪定方法

特に必要ありません。伸びすぎた枝を冬に切り詰めて樹形を整える程度です。


病害虫の予防法

通気が悪いとカイガラムシやうどん粉病がつくことがあります。


増やし方

挿し木や株分けで増やせます。挿し木の時期は3月と5月、9月です。株分けは3月下旬から4月に行います。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事