ホザキナナカマド ホザキナナカマド 1

  2

● ナナカマド ナナカマドの品種の特徴

秋には寒空に映える真っ赤な実が、垂れ下がるようにつきます。紅葉も見事ですが、春に咲く小さな白い花も美しいです。
樹形もキレイに直立し、葉は茂りすぎず涼しげです。果実は長く木に残るので観賞価値があります。

和名の由来は、材が燃えにくく、七度かまどにいれても燃え残ることから。
雷除けの木として、軒先に植える風習があります。

和名の由来は、材が燃えにくく、7度かまどにいれても燃え残ることから。
雷除けの木として、軒先に植える風習があります。

学名
Sorbus commixta バラ科 ナナカマド属
別名
七竈、ライデンボク、オヤマサンショウ、ヤマエンジュ
開花時期
5月頃
花色・大きさ・花形
白・極小輪咲き(0.5cm位)・小花が集まって咲く
収穫時期
9~11月
最終樹高
地植え:5m ~ 15m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉高木)
最終葉張り
m ~ 7m 
栽培用途
鉢植え、庭植え、、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場など
成長の早さ
やや遅い
植栽適地
北海道~九州
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日向~半日陰、耐陰性やや強い、
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんどつかない
花言葉
慎重、賢明、用心、私と一緒にいれば安心、怠りない心

ナナカマドの育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。鉢植えでも大丈夫です。日当たりが悪いと美しい紅葉に出会えません。土質を選ばない丈夫な木ですが、花ひろば堆肥“極み”をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。


水やり

夏の暑い時期は水切れをおこしやすいので、水をたっぷり与えてあげてください。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。9月頃に追肥として化成肥料を適量与えます。


剪定方法

剪定は花の直後に込み合う枝を間引く程度に整えます。木を小さくするために強めの剪定もできますが、春~夏は強い剪定をすると花が咲かなくなるので控えます。


病害虫の予防法

病害虫はほとんど見られません。時々ついていれば、消毒や駆除してください。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事