コナラの紅葉

● コナラの品種の特徴

コナラはおなじみ、どんぐりが採取できる木です。すらりとした樹形が綺麗です。

地味で控えめな木ですが、そこがまたいいです。新芽は銀色で独特の色を見せてくれます。育ちやすく、手間がほとんどかかりません。自然樹形を楽しむので、剪定もあまりしないで良いです。
目隠しやシンボルツリーに人気が出てきました。年数はかかりますが、ドングリの実がなる頃、懐かしい気持ちにさせられます。黄色から赤褐色に紅葉します。冬も枯れ葉のまま葉が残ります。春の芽吹く前に葉っぱが落ちます。
コナラはシイタケの原木になります。また、コナラはカブトムシやクワガタが好む木の1つです。

学名
Quercus serrata Thunb. ブナ科 コナラ属
別名
ナラ、イシナラ、ホウソ
開花時期
4月~5月
収穫時期
10月~11月
自家結実性
1本でなる(雌雄同株)
最終樹高
地植え:5m ~ 15m (耐寒性落葉高木)
最終葉張り
m ~ 10m 
栽培用途
目隠し、シンボルツリー、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場、盆栽
成長の早さ
樹勢が強い
植栽適地
北海道中部~九州
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:強い
花言葉
「勇気」「快活」

コナラの育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。土質を選ばない丈夫な木ですが、堆肥をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。


水やり

雨が当たる場所であれば、水やりは雨任せで大丈夫です。


肥料のやり方

生育も早いので、肥料は与えなくても良いですが、肥料は2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

放任すると大株に育ちます。目的の高さに達したら芯を止め樹高を抑制します。定期的に枝抜き剪定もしくは刈り込みを行います。


病害虫の予防法

コナラはナラ枯れ病にかかると枯れてしまうことがあります。ナラ枯れ病はカシノナガキクイムシが媒介するカビが原因ですので、テッポウムシ予防樹脂フィルムを幹や枝に塗って、防除することをおすすめします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事