●商品について
商品はポット苗です。根鉢の部分も含め高さ約90cmです。根鉢の大きさは直径約15cmです。

1mの長さの生垣・目隠し・垣根を作るのに必要な苗3本と、植え付け用のたい肥1袋のセットです。

当店の苗木は、お届け後の環境の変化による苗木への負担を軽減する事を優先するため、あえて苗木を寒さに当てています。何卒、ご理解くださいませ。

冬~春は寒さのために葉が少なく、葉の痛みも目立ちます。


冬のプリペットの葉。


初夏から茂るプリペットの葉


プリペットの生垣 (垣根)

プリペットの花
自然仕立てプリペットの花

● プリペットの品種の特徴

緑葉品種。葉色の派手さはありませんが、それがかえって飽きのこない緑葉で、プリペット3種の中では店長がもっともお気に入りの品種です。緑の細かい葉は赤、白、ピンクetcの葉色花色を引き立てるのでどんな植栽にもマッチし、生垣では美しい背景をつくります。緑葉なので、様々な花色や葉色の植物にあわせやすく、花を引き立てます。
5月ごろ白い花が咲き、秋ごろに黒い実をつけます。ホワイトガーデンにもおすすめのナチュラルプランツ。モクセイ科の独特の青臭いような香りがあります。
初夏~秋がもっとも美しい景観を作ります。冬の寒さが厳しいと落葉しやすく、特に植え付け2~3年は冬~初春は落葉しやすいです。

学名
Lagustrum Vulgare モクセイ科 イボタノキ属
別名
洋種イボタノキ(ヨウシュイボタノキ)、プリベット、セイヨウイボタノキ
開花時期
4~5月頃
花色・大きさ・花形
香りの強さ
★★☆☆☆ 微香
最終樹高
地植え:1.5m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (半常緑小高木)
最終葉張り
1m ~ 2m 
栽培用途
生垣、鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
早い (50cm/年)
植栽適地
北関東~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性普通、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
くつろぎ

生垣用堆肥セット | プリペット 3本+堆肥 1袋の育て方


植え方・用土

水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。
肥料無しでも一応なんとかきれいなこともありますが、生垣など列植えの場合は肥料を与えたほうが良いです。


剪定方法

必要なときに必要なだけ切りますが、剪定せずに放任して育てても自然な樹形になります。


その他栽培や性質の注意点

プリペットは暖地では落葉が少ないものの、冬は結構落葉し、本によっては半常緑樹と分類している場合もあります。特に寒さが厳しいと葉は触れると簡単に落葉します。
晩秋~初春は木が休眠期に入るため、見た目は悪くなりますが、春からはみずみずしい新葉をだし、見違えるような美しい葉を見せます。
1年目の冬は、環境の変化も手伝うため、落葉の度合いがひどくなりがちですが、2年目、3年目と年を重ねると、その土地の寒さになれて、落葉も1年目ほどしなくなります。そうゆうわけで、当店も常緑樹として紹介しております。


病害虫の予防法

2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。
肥料無しでも一応なんとかきれいなこともありますが、生垣など列植えの場合は肥料を与えたほうが良いです。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事