br>

● オリーブ J5の品種の特徴

生育の早い品種で、葉も大きく節間も長めです。花・実つきも良い普及品種です。 観賞価値も高く、観葉植物のように屋内での栽培もおしゃれ。
平和のシンボルです。こまめな剪定で、枝との間をすいてあげると良いです。 葉色も美しく是非育てたい優れたオリーブ品種です。

常緑樹の中でも、おしゃれな樹形や葉がキレイなオリーブは近年人気ナンバーワンと言っても過言ではありません!ご自宅やお店のシンボルツリーにもなり、果実まで楽しめる、生涯かけて愛せる木です。自宅観賞用やお祝いの贈り物としても人気が高いです。
良い逸話の多い、記念樹にもおすすめの木です。
・平和の象徴、希望の象徴:旧約聖書で鳩がオリーブの葉をくわえて帰ってきたのを見てノアは洪水がひいたことを知ったとされており、鳩とともに平和の象徴、希望の象徴と言われています。
・友愛の証: 国連の旗にもオリーブの枝が描かれている通り、平和の象徴、友愛の証です。
・幸せのオリーブ:まれにハート形の葉が見られ、小豆島ではハート形は幸せのオリーブと言われています。

学名
Olea europaea‘Olea J5’ モクセイ科 オリーブ属
別名
ジェイファイブ
開花時期
5~6月
花色・大きさ・花形
白、黄白色・小花(0.5cm位)
収穫時期
9月~12月頃
果実の大きさ
2.0~2.5g
果実の用途
オリーブオイル、塩漬け、ピクルス
結果年数
2~3年
自家結実性
1本でなる(自家結実性が弱いため、他品種との混植をおすすめします)
最終樹高
地植え:5m ~ 10m 鉢植え:1m ~ 2m (常緑高木)
最終葉張り
3m ~ 5m やや開帳性
栽培用途
地植え、鉢植え、寄せ植え、花壇、庭木、ベランダ、生け垣、シンボルツリー、記念樹、観葉植物など
成長の早さ
早い
植栽適地
北関東~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性普通、土壌酸度:弱アルカリ性
耐寒性やや強い(-10度)、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:やや強い
花言葉
平和、安らぎ、知恵、勝利



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事