品種の特徴
ウラジロモミは日本原産の常緑針葉樹です。寒冷な気候を好み、福島県から四国までの高地に自生しています。もみの木の仲間は、世界で約40種自生していると言われており、ヨーロッパでは、ヨーロッパモミやドイツトーヒが一般的にクリスマスツリーとして使われ、日本ではモミやウラジロモミやトドマツ、ゴールドクレストなどが使われます。葉は光沢がある鮮やかな緑色で、葉の裏は名前の通り灰白色をしています。葉に光沢があるので、遠目でみるとシルバー色に輝いて見えます。年間30~40cm位生長し、樹高6m以上になります。暑さは苦手で西日や強い日差しには弱いので、季節や管理する場所には注意が必要です。


商品の形状
根鉢も含めて1.1m前後の根巻き苗です。基本的に花芽や果実はついていません。根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。
通常梱包1梱包に2本まで同梱可能です。(小梱包でのお届けはできません。)


学名
Abies homolepis A. homolepis マツ科モミ属 ‘ウラジロモミ’


別名
ダケモミ、ニッコウモミ


最終樹高
20~40m前後 (放任した場合の目安) 常緑高木樹


成長の早さ
早い(0.3m/年)


植栽適地
南東北~四


栽培用途
鉢植え、クリスマスツリー、目隠し、ロックガーデン、シンボルツリー、インテリアプランツ


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事