品種の特徴
ヨーロッパ原産の常緑針葉高木で、「ヨーロッパトウヒ」「オウシュウトウヒ」などとも呼ばれます。ドイツトウヒは広円錐形品種で、枝は水平に伸び、大きく生長すると下垂します。葉色はウラジロモミに比べるとやや濃く暗めです。もみの木の仲間は、世界で約40種自生していると言われています。ヨーロッパでは、ヨーロッパモミやドイツトウヒが一般的にクリスマスツリーとして使われ、日本ではモミやウラジロモミやトドマツ、ゴールドクレストなどが使われます。年間60~80cm位生長し、樹高6m以上になることもあります。ですので、鉢植えで管理していただくと安心です。もちろん寒さには非常に強いので、年間通して屋外管理ができます。暑い夏も、西日と乾燥に気をつけて、場合によっては半日陰に移動するなどして管理していただけば、問題ありません。病害虫や公害に強くて、もみの木の中では比較的育てやすい種類です。


商品の形状
根鉢も含めて1.1m前後の根巻き苗です。基本的に花芽や果実はついていません。根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。
通常梱包1梱包に2本まで同梱可能です。(小梱包でのお届けはできません。)


学名
Picea abies マツ科トウヒ属 欧州唐檜


別名
欧州唐檜 (オウシュウトウヒ)、ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ


最終樹高
10~50m前後 常緑性 針葉樹


成長の早さ
早い(0.6m/年)


植栽適地
北海道~九州


栽培用途
鉢植え、クリスマスツリー、目隠し、ロックガーデン、シンボルツリー、インテリアプランツ


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事