カルミア サラー 4
カルミア サラーの赤い蕾。砂糖菓子の金平糖のよう。

カルミア サラー 5

● カルミア サラーの品種の特徴

カルミアはコンペイトウのような美しい蕾がかわいい木です。サラーはもっとも鮮やかな赤い蕾が出ます。つぼみが開くとピンク色の皿型の花で、光沢のある葉からひょっこり覗かせてくれます。蕾からかわいいので、開花までと1か月くらい楽しめます。
日本の気候によく合い、比較的半日陰な場所や庭木の下草に重宝します。和風庭園だけでなく、洋風庭園でも良く合います。

カルミアの育て方はシャクナゲや栽培方法は同じです。寒さに弱いので寒地には向きません。
花はおいしそうなのですが、触るとネバネバします。シャクナゲの花もネバネバしますよね。
アメリカシャクナゲとかマウンテン・ローレルとも言われます。

学名
Kalmia latifolia ツツジ科 カルミア属
別名
アメリカシャクナゲ、マウンテンローレル
開花時期
4~5月
花色・大きさ・花形
赤い蕾で開くと薄紅・(1cm位)・コンペイトウの形
最終樹高
地植え:2m ~ 3m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性常緑低木)
最終葉張り
1m ~ 3m 
栽培用途
鉢植え、庭植え、地植え、盆栽、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
遅い (20cm/年)
植栽適地
東北南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性やや強い、土壌酸度:弱酸性
耐寒性普通、耐暑性普通、耐乾性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
大きな希望、大志を抱く、野心、さわやかな笑顔

カルミア サラーの育て方


植え方・用土

冬の北風と西日を嫌います。関東以南の地域なら植えつけても寒さの問題はありません。基本的に移植や植え付けは11月~入梅までに行います。適期は2月上旬~4月ごろか9月上旬~10月ごろです。
水はけの良い、肥沃な弱酸性の土壌に植えます。植え付けの際は鹿沼土とピートモスを配合した土に植えましょう。鉢植えではブルーベリーの土に植えてください。
日当たりを好みますが、経験上、少し日陰くらいのほうがちょうど良いです。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

肥料は2月ごろに寒肥として油かすと花ひろば堆肥“極みを株周りに埋め込みます。


花芽の付き方

夏に枝先に花芽がつきます。


剪定方法

自然に樹形が整いますので、剪定は特に必要ありません。刈り込みにも耐えるので、好きな形に剪定が出来ます。大きくなりすぎた場合は、思い切って株元近くまで切り下げても大丈夫です。


病害虫の予防法

特に気になる病害虫はあまりでません。
夏にハダニやグンバイムシ、ハマキ虫が時々ついていれば、消毒や駆除してください。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事