● ヒイラギナンテンの品種の特徴

いわゆる一般的なヒイラギナンテンです。難を転じる語呂合わせから鬼門に植えて魔除け樹として植えることも多いです。刈り込み剪定にも耐えるので、樹高を低くしてボーダーやグランドカバーにも利用しやすいです。
早春に長い花穂を伸ばして黄色い花が咲きます。開花後は黒青い果実がつきます。春から秋は濃い緑色の葉ですが、冬の低温で小豆色や白赤っぽく紅葉したりします。まだらに紅葉するのでそれもまた冬のカラーリーフとして味が出ます。

ヒイラギナンテンは常緑で濃い緑色の葉、早春に長い花穂に多数つく黄色い花、初夏に熟す黒青色で粉を吹いた果実と、1年を通じて観賞できる植物です。
ヒイラギナンテンの和名は葉がナンテンのように複葉で、ヒイラギのようにとげのあることや、果実のつき方がナンテンに似ることに由来しており、実際の属名とは異なります。

学名
Mahonia japonica メギ科 ヒイラギナンテン属
別名
南天、ナルテン、成天
開花時期
3~4月頃 (一季咲き)
花色・大きさ・花形
黄色
最終樹高
地植え:0.5m ~ 1.5m 鉢植え:0.5m ~ 1.5m (常緑低木)
最終葉張り
m ~ 1.5m 
栽培用途
グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、ボーダー、花壇、生垣、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
 20cm/年
植栽適地
南東北~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性普通、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:とても強い 害虫:ほとんどつかない
花言葉
機知に富む、福をなす、良い家庭、私の愛は増すばかり

ヒイラギナンテン|グランドカバー向け植物の育て方


植え方・用土

冬の冷乾風の当たらない日なたから半日陰に植えます。日陰に植えると徒長して節間が伸び、ひょろひょろとした姿となり、花つきも悪くなってしまいます。土質は特に選びませんが、乾燥しすぎない、腐植質を含む肥沃な土壌が適します。
新芽が伸びる前の3月中旬から4月下旬か、本格的な冬に入る前の10月上旬から11月下旬に植えつけます。


水やり

特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりします。


肥料のやり方

寒肥として、1月上旬から2月下旬に緩効性の化成肥料や、固形の油かすを施します。


剪定方法

ヒイラギナンテンは分枝しにくいので、放っておくと背ばかりが高くなり、花数も少なくなってしまいます。これを調整するために、開花後の3月中旬から4月下旬に剪定しましょう。枝先から1節下の部分で切ると、複数の新梢が伸びてきます。毎年これを繰り返すと、こんもりとした樹形に整います。同時に混みすぎた枝や、枯れ枝を切り除きましょう。
刈り込みに強いため、大きくなりすぎた株は、好みの大きさに切り戻し剪定することもできます。主幹を切り戻すときは、全ての主幹で切り戻します。切らない枝を中途半端に残すと、剪定した幹が枯れ下がることがあります。


増やし方

種まき、挿し木




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事