ハナズオウ 白花ハナズオウ 1

● ハナズオウ 白花ハナズオウの品種の特徴

白花ハナズオウは白の蝶のような小花がびっしり咲きます。
成長も早く肥料要らずで良く育ちます。
別名:蘇芳花(スオウバナ)、しろばなはなずおう

ハナズオウ(花蘇芳)はマメ科の落葉樹です。開花期には枝を覆い尽くすように4月ごろ花が咲きます。
花の枝は生花の枝物にもよく利用されます。花後に「さやえんどう」のような実をつけるのが特徴です。
木は直立するので、比較的狭いスペースでも植えれるので嬉しいです。お庭のシンボルツリーにも最適です。

学名
Cercis chinensis マメ科 ハナズオウ属
別名
蘇芳花(スオウバナ)、しろばなはなずおう
開花時期
3月末~4月中旬
花色・大きさ・花形
白色・小輪咲き(1cm位)・蝶形花で房咲き
最終樹高
地植え:1m ~ 1.6m 鉢植え:1m ~ 1.6m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
m ~ 1m 株立ち状
栽培用途
鉢植え、庭植え、寄せ植え、目隠し、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場、シンボルツリー
成長の早さ
早い
植栽適地
北海道南部~九州
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性普通、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性普通
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
4月
トゲの大きさ
なし
花言葉
高貴

ハナズオウ 白花ハナズオウの育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは11月~入梅までに行います。
水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。
堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、2~3時間以上の日光で大丈夫です。


水やり

雨が当たる場所は水やりは必要ありませんが、夏の暑い時期は水切れをおこしやすいので、鉢植えではたっぷり水を与えてあげてください。


肥料のやり方

マメ科の植物なので窒素分肥料は控えます。肥料は与えなくても良く育ちます。


剪定方法

剪定せずに放任しても美しい自然樹形を作ります。


病害虫の予防法

病害虫はほとんど見られませんが、近年の気候変化で発生する年もあるようです。
発生したら消毒及び駆除しましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事