2

お茶の花

● チャノキ おくみどりの品種の特徴

ヤブキタ茶よりも8日ほど芽吹くのが遅い、香りよい晩成の茶葉です。おくみどりの名の由来は「すぐれた晩生の緑茶用品種」という意味から。おくみどりは「やぶきた」と「静岡在来16号」とを掛け合わせて育成された晩成品種です。
お茶はさわやかですっきりとした香りと味わいです。
収量は「やぶきた」よりも多収で、特に色沢は良いことと、摘採期が遅れても、品質の低下が比較的少ないことから、ヤブキタにとってかわる良品種として注目されています。おくみどりは、「やぶきた」「ゆたかみどり」についで生産量が多い品種です。
樹勢はやや強く、暖地から寒冷地まで栽培可能ですが、寒暖の差が大きい地域では凍害に注意が必要です。

【お茶の木(茶ノ木・チャノキ)全般の特徴】
果樹畑の低めの生垣に植えられているのをよく見かけます。庭木として単木で楽しんでも良いし、列植して低めの目隠しにもおすすめ。
ツバキ類の仲間ですので、育て方などは大体、椿と同じです。控えめに咲く花も愛らしい。

お茶はもともと薬として伝来してきたものです。点てた際の香りなどもそうですが、植えてある茶の木の緑は、見るだけでも清々しい青さです。
チャノキの葉は新葉の芽先2 - 3枚ほどを摘み取って茶葉にし、緑茶や茶などの茶に加工して飲用されています。焙爐の助炭の上で乾燥したものが碾茶で、これを石の茶臼で挽いて粉末にしたのが抹茶、蒸して助炭上で手揉みして成分を出やすくしたものが玉露です。新葉を採集して玉露に準じて仕上げたのが煎茶、成葉を採集して煎茶に準じて仕上げたのが番茶です。番茶は焙じられて市販されるので、ほうじ茶とも呼ばれています。茶葉を軽く発酵させたのがウーロン茶で、完全に発酵させたのが茶です。

心がほっこり、古き良き日本のお茶

学名
Camellia sinensis ツバキ科 ツバキ属
作出年・作出者
1974年 (静岡県・野菜茶業試験場)
交配親
ヤブキタ × 静岡在来16号
開花時期
9~11月
花色・大きさ・花形
白・中輪咲き(3cm位)・一重咲き
最終樹高
地植え:m ~ 2m 鉢植え:m ~ 2m (常緑低木)
最終葉張り
m ~ 2m 
栽培用途
鉢植え、生垣、庭植え、盆栽、寄せ植え、畑、目隠し、低めの生垣、ボーダー
成長の早さ
樹勢はやや強い
植栽適地
東北南部~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんど出ない
花言葉
追憶、純愛

生垣用セット | お茶の木 オクミドリ 4本+堆肥 2袋の育て方


植え方・用土

水はけの良い、堆肥をよく透きこんだ肥沃な土壌に植えます。
鉢植えの場合は培養土で育ててください。
日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。


肥料のやり方

1月ごろに寒肥として有機肥料を与えます。
開花後にお礼肥えとして油粕化成肥料を2握り程度与えます。


剪定方法

強い剪定はあまりおすすめできません。放任して育てたほうが花がよく咲きます。
無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。
庭植えなどで、コンパクトに育てる場合は剪定は花後すぐに行います。


その他豆知識

『レンジでやってみよう、お茶を飲むまで!』

 1・ 新芽50g(キッチリ量ります)を用意し、電子レンジで2分ほど暖めます。
 2・ 暖まった葉を、2~3分ほど揉みます(熱いので、やけど注意!)
 3・ 乾燥のため1分ほど電子レンジで暖める。
 4・ 作業を繰り返し、葉がよく乾燥したら煎じて飲む。


病害虫の予防法

初夏のもち病はダコニールを用いて駆除、チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布します。
なるべく自然栽培をして茶葉を楽しみたい時は、マルチングをして雑草などを防止し、薬剤使用を極力避けるといいです。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事