ディエルヴィラ ハニービー 1

● ディエルヴィラ ディヴァの品種の特徴

「ディバ」は2017年オランダのプランタリウムショウで金賞を受賞した品種です。新芽や成長した葉の濃い紫茶色の落ち着いた葉色がシックで素敵。初夏からは小さな花がたっぷり咲き、ミツバチたちを虜にするでしょう。秋の紅葉もとっても素敵で、冬の枝姿も趣あり♪
セールスポイントが「蜜源植物」の珍しい苗です。

ディエルヴィラは、アメリカ原産の蜜源植物で、蜂が集まることから「ぶんぶんツリー」とも呼ばれます。色変わりの新芽や長い花期、秋の紅葉、冬の枝姿など一年を通じ、様々な姿で私たちを楽しませてくれます。樹形はコンパクトにまとまり、日陰や病害虫に強く、非常に強健で手間がかかりません。裏庭のシェードプランツとしてもおすすめです。

学名
Dirvilla rivularis “Diva” スイカズラ科 アメリカタニウツギ属
開花時期
初夏から秋
花色・大きさ・花形
黄色・(1cm位)・漏斗型の小花が房状に付く
最終樹高
地植え:1m ~ 1.5m 鉢植え:1m ~ 1.5m (耐寒性落葉低木)
栽培用途
庭植え、鉢植え、ボーダーなど
成長の早さ
遅い
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通

ディエルヴィラ|ディヴァ ポット苗の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは10月~入梅までに行います。日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。日陰にも強い木です。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。花つきは多少落ちますが半日陰でも問題なく育ちます。


水やり

地植えの場合は基本的に必要ありません。植え付け直後や夏の高温期など様子を見ながら水を与えます。鉢植えの場合は、しっかりと土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

庭植えではほとんど肥料は必要ありません。2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

ディエルヴィラは春の新枝に花芽がつきます。矮性なので毎年剪定する必要はありませんが、3~5年に一度古い枝を切り取ります。春に目が出る前に行いましょう。


病害虫の予防法

病害虫はあまり心配いりません。アブラムシがつくことがありますが、発生したら消毒します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事