ブルンネラ マクロフィラ ジャックフロスト

ブルンネラ マクロフィラ ジャックフロスト 1

● ブルンネラ マクロフィラ ジャックフロストの品種の特徴

ブルンネラ マクロフィラ ジャックフロストは、ムラサキ科の宿根草で、春から初夏にかけてワスレナグサに似た青い小花を沢山咲かせます。
株を覆うようにふんわりと青い小花が咲きます。
葉は銀色で丸みのある大きなハート型で緑色の葉脈が入るので、花だけでなく葉も楽しめる宿根草です。カラーリーフとしてシェードガーデンなどに利用できます。
高温、強光、乾燥を嫌う性質で、冷涼で湿り気のある土壌を好みます。
半日陰~日陰の庭のグランドカバーに最適な植物です。

ブルンネラ(ブルネラ)の名前は、スイスの植物学者ブルナー氏に由来します。

学名
Brunnera macrophylla ‘Jack Frost’ ムラサキ科 プルンネラ属
開花時期
4~5月(冷涼地では5月~6月)
花色・大きさ・花形
青色・小花(1cm位)・一重咲き
最終樹高
地植え:0.3m ~ 0.4m 鉢植え:0.3m ~ 0.4m (耐寒性落葉多年草)
栽培用途
花壇、庭植え、鉢植え、寄植え、シェードガーデン、グランドカバー、カラーリーフ、ボーダー
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:半日陰~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い(-10度)、耐暑性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:やや強い 害虫:やや強い

ブルンネラ マクロフィラ ジャックフロストの育て方


植え方・用土

涼しい環境を好み、高温や乾燥が苦手です。春、秋は日当たりがよく、夏の高温期は日陰で地温が上がらない場所で育ててください。高温多湿の蒸れに弱いので水はけを良くして植えてください。半日陰で根が深く貼ってしまえば、夏の暑さにも強くなります。
寒さには強いです。雪に埋もれても大丈夫です。
植え付け用土は腐葉土を多少と、水はけを良くするために鹿沼土やパーライトを混ぜておくと良いでしょう。鉢植えでは山野草の土(軽石もしくは山砂4割、鹿沼土4割、腐葉土2割の配合土)で植えると良いです。
植え付けや植え替えは、春の芽出し頃か秋が最適です。春と秋の植え付けでは根をやや広げ気味にして植えます。夏の植え付け時は根をいじらずに植えてください。冬の植え付け時には根が凍結しないよう気をつけます。


水やり

根付いてしまえば雨任せで大丈夫。植え付け直後で根が張っていないものは乾き具合によって水やりが必要になります。ひさしや木の下、風向きによって雨のかかりにくい所も同様で、土の中まで十分しみ込むようにたっぷりと与えます。 水やりの時間は、夏は朝のうちに、冬は午前中、昼前ぐらいがいいです。
鉢植えの場合、乾いたら与えるのが基本ですが、夏は乾かし気味に、休眠期は控えめに与えて多湿に注意するなど、成長に合わせた水加減が必要です。また、太平洋側では冬は意外 に乾きます。


肥料のやり方

「ニーム核油かす」か化成肥料を3~4月と10~11月に少なめに与えて下さい。
夏は肥料は与えないほうが良いです。夏に肥料が効いていないようにします。


剪定方法

花後に花茎を切り戻してください。


病害虫の予防法

特に注意する病害虫はありません。


増やし方

3~4月、10~11月に株分けで増やします。種まきでも増えますが、斑入り葉の品種は緑葉に戻ることがあります。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事