スポンサーリンク

●品種の特徴
イタリア料理には欠かせないハーブならコレ!菜園はもちろんプランターや鉢でも育てることができます。 パセリにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。サラダやスープ、パスタに混ぜたり、お料理の彩りに添えられたりと、料理にアクセントを、という時に役に立つハーブです。 パセリは春と秋が播種期(はしゅき)で2年草になります。
トマトとアスパラガスとパセリはコンパニオンプランツのハッピートリオといわれ、混植するとニンジンとタマネギの根を害虫から守ります。

学名
Apium graveolens セリ科 オランダゼリ属
別名
オランダゼリ、パセリプレーン、パースリ
開花時期
6~7月
花色・大きさ・花形
白色
最終樹高
地植え:m ~ 0.4m 鉢植え:m ~ 0.4m (常緑二年草)
栽培用途
鉢植え、庭植え、寄せ植え、グランドカバー、ボーダー、花壇、切り花など
成長の早さ
早い (0.4cm/年)
植栽適地
関東~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、
耐寒性普通、耐暑性やや強い
耐病害虫性
耐病性:やや強い 害虫:ほとんど出ない
花言葉
勝利、祝祭、愉快

イタリアンパセリ|ポット苗の育て方


植え方・用土
日当たりが良く、風通しと水はけの良い場所を好みます。極端な乾燥には弱いため、真夏の直射日光が当たる場所は避けます(適正生育気温は15~20度前後です)イタリアンパセリは、ハーブとしては珍しく酸性土壌を好むため、pHを調整してあげましょう。
北海道や東北などの寒冷地は戸外での越冬が難しいため、鉢植えで管理し、冬の間は暖かな室内で管理しましょう。


水やり
土が乾いたらたっぷりと与えます。乾燥を嫌うため、水切れしないよう注意します。特に、夏の高温期はハダニが発生しやすいので、早朝にたっっぷりと葉水を与えます。


肥料のやり方
2~3週間に一度追肥をしましょう。葉が黄色くなってきたら栄養不足の合図です。


剪定方法
過湿を嫌うため、茂らせ過ぎに注意し、適宜収穫していきましょう(草丈20cmくらいがオススメ)。特に梅雨時は、うどん粉病にかかりやすいので、空き気味に管理します。


病害虫の予防法
日頃の観察が大切で、害が広がらないように早めの防除や対策を心がけて下さい。環境や種類選びによってもかなり減らすことができます。また、同一品種を多く植えるのではなく、いろいろな品種にハーブなどを加えて混植することも対策の一つです。
※害虫よけには、「ニーム核油かす」を適量お使い下さい。
(1.適材適所)
植物を健康に育てるためには、環境に適したものを植えることが大切です。 住んでいる地域の気候の特徴を考え、庭の日照、風通、排水性などを考慮し、無理なく育つ植物を選びます。
※排水性UPには「パーライト」をご使用下さい。保水性UPには「腐葉土」をご使用下さい。
(2.連作をしない)
同じ種類の植物を同じ場所に何年も植えていると、連作障害を起こすとともに、その植物に被害を及ぼす同一の病害虫の密度が高まります。
(3.水やり、肥料の過多(特にチッ素肥料))
軟弱に育ち、病気に対する抵抗力がなくなります。株間を適切にとり、切り戻しや間引きなどを行い、日当りと風通しを良くすることが大切です。
(4.花がらをこまめに摘み取る)
花がらが茎葉に付着した状態で雨に当たると、灰色かび病(ボトリチス病)を発生させます。花がらをつけておくと種がつき、株も消耗します。なるべく早く摘み取ります。
(5.雑草を放置しない)
雑草は風通しや株元への日照を妨げ、病害虫を発生しやすくするだけでなく、土壌の養分も横取りします。


増やし方
挿し木

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事