スポンサーリンク

●品種の特徴
エンゼルスウィッシュは、白花でやや遅咲きの品種です。花色は、レモンイエローの花弁に縁が白くが彩られ、咲き進むと白色が徐々に中心に広がり、淡い上品な色合いになる二色咲きチューリップです。

トライアンフ系統は、チューリップの中では最もメジャーな系統です。チューリップといえばこの系統の花の形を思い浮かべる人も多いのでは?早咲き一重と遅咲き一重の交配種で、花色がとてもも豊富。美しい覆輪の花弁を持つ品種も多く、茎も丈夫で切り花にも最適です。

学名
Tulipa ユリ科 チューリップ属
別名
鬱金香
開花時期
4月中旬~4月下旬頃
花色・大きさ・花形
白色・・一重咲き (トライアンフ系統【 T系統 】)
最終樹高
地植え:0.4m ~ 0.5m 鉢植え:0.4m ~ 0.5m (耐寒性落葉多年草)
栽培用途
鉢植え、地植え、花壇、切花
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性強い、耐暑性弱い(休眠中)
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:普通
花言葉
思いやり

富山産チューリップ |エンゼルスウィッシュ【球根】の育て方


植え方・用土
土質は選びませんが、水はけのよい土が適しています。【例:赤玉土(小粒)7、腐葉土3】
地植えは、花ひろば完熟堆肥「極み」、鉢植えは、花ひろば培養土「和み」をご利用ください。日当たりの良い場所を好みます。冬の寒さにしっかりと当たるよう野外で管理します。
【植えつけ方】

(鉢植えの場合)
植え付け間隔は3~5cmくらい、深さは球根が隠れるくらいの深さで植えつけます。
8号鉢で10球、65cmプランターでは20球くらいが目安です。


(庭植えの場合)
植え付け間隔は10~15cm位、深さは5~10cmくらいに植え付けます。


水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。特に冬期の乾燥は花の咲かない原因となりますので鉢植えの場合は特に注意が必要です。


肥料のやり方
特に必要はありません。与える場合は元肥として緩効性肥料を少量与えます。
葉が出た後は月に2~3回、液肥を与えます。


その他豆知識
花後の管理:球根の掘り上げ
花後は花がらを摘み取り、水やりを続けます。
葉が黄色く枯れてきたら球根を掘り上げ、1週間程度日陰で乾燥させます。
その際に消毒をしてから乾燥させると病気の発生を抑えられます。

チューリップ年間栽培カレンダー)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事