ペピーノ  5

ペピーノ  6
ペピーノの花。ナス科なのでナスの花に似てます。

● ペピーノの品種の特徴

ニュージーランドでは一般的な果物で、フルーツとしてだけでなく野菜としても親しまれています。
ペピーノは大きさ10~15cm程度の甘くてジューシーなトロピカルフルーツで、スイカとメロンを合わせたような味に、洋ナシに似た食感が特徴です。甘すぎず、ビタミンやミネラルを多く含む、体に優しい食べ物です。
丈夫で育てやすい上に、植え付けから3~4ヶ月で収穫できるスピード感が魅力的!夏と秋の年2回収穫でます。
アンデス高地が原産の植物なので涼しい環境好み、夏の暑さや冬の霜が苦手です。そのため本来は多年草ですが、日本では一年草として栽培されることもあります。多年草として栽培を楽しまれたい場合は、鉢植え栽培をオススメします。
こちらのペピーノは品種名は不明です。

学名
ナス科 ナス属
別名
ペピノ、ペピーノドゥルセ(pepino、dulce)
収穫時期
5月~12月
果実の大きさ
10 ~15cm
果実の用途
フルーツ、野菜
結果年数
1年
自家結実性
1本でなる(両性花で自家結実しますが、結実率が高くないので、人工授粉をした方が実付きが良くなります。)
最終樹高
地植え:0.5m ~ 1m (常緑多年草)
最終葉張り
0.3m ~ 0.4m 
成長の早さ
早い
植栽適地
日本全国(原則、鉢植え栽培)
育てやすさ
育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性やや弱い(0度)、耐暑性弱い
耐病害虫性
 

ペピーノの育て方


植え方・用土

植え付け適期は、真夏を除いた4月~9月です。水はけの良い肥沃な土壌を好みます。ペピーノの栽培適温は18~25度です。日当たりを好みますが、真夏の暑さには弱く、30度以上になると成長が鈍りますので、夏は半日陰で管理してください。
家庭栽培の場合、鉢植え栽培を推奨しております。植え付けの際の土壌は、花ひろば培養土をお使いください。ペピーノは深く広く根を張りますので、スリット鉢(10号)や深さのあるプランターが適しています。


水やり

季節問わず、乾いていたら、たっぷり水を与えてください。
夏場は乾きやすいので、土の表面を毎日チェックすると良いです。
収穫の時期は、水やりを控えめにした方が糖度が上がります。


肥料のやり方

春~秋かけて、窒素・リン酸・カリが同等もしくはリン酸がやや多めの肥料を、1~2ヶ月に1回程度与えてください。


剪定方法

冬越しをさせる株は、果実を収穫し終わった12月~1月頃に草丈が1/2になるようにバッサリと刈り込みます。主枝を切り戻して脇芽を育てて2~3本仕立てにします。脇芽が多く出ますが、伸びた部分は整枝するか摘み取ります。枝が増えすぎると実がつきにくくなります。


その他豆知識

パピーノは、10℃以下で生長が止まります。

地植えの際は、温室で、家庭栽培の場合は、鉢植え栽培が必須になります。
鉢植え栽培の場合、10月下旬からは 日中 ベランダで日光に当て、夕方からは室内で管理してあげてください。10月下旬~4月までは室内の明るい窓際などでの管理がおすすめです。(零下にならなければ越冬できるが霜には弱い)


病害虫の予防法

アブラムシが発生しやすいので、ベニカ水溶剤を散布すると良いです。ハダニが発生しやすいので、葉水をこまめに与えると予防になります。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事