やまもも ジャムの作り方
スポンサーリンク

今回は先日開催した「ヤマモモ講習会」のヤマモモジャムのレシピです。

7月に樹上で完熟した山桃を使用して、

約200gの食べきりサイズのジャムができます!!

DSC01307.jpg

BayBerry Jam

~調理時間30分!!~

ヤマモモのジャムレシピ

材料(ジャム200g作れます)

ヤマモモ・・・・・・・・・・200g
ミネラルウォーター・・・・・120cc
グラニュー糖・・・・・・・・100g
レモン果汁・・・・・・・・・小さじ1/2
ペクチン(小倉食品化工)・・1/2袋(約5g)
保存ビン(200ml)・・・・・2個(新品)

≪レシピ≫

1:保存ビンをレンジ殺菌しておきます。(洗浄直後600Wレンジで1分)
 (下準備):完熟果実を塩水に約30分浸し、軽くアク抜きをしておきます。

2:山桃の実から果実部分を切り分ます。

3:鍋に山桃の切り実200g、グラニュー糖50g、ミネラルウォーター60cc
 レモン果汁(小さじ1/2)を入れ、弱火で煮出します。
 (※残りのグラニュー糖とミネラルウォーターは後で投入します。)

4:焦がさないよう気をつけながら煮詰めてゆきます。

5:弱火のまま、煮詰めて行くと、何度かアクが出てきます。
 その都度火を止め、レードル等で泡のかたまりを取り出します。

6:山桃果汁が薄い紅色から濃紅色へ変わってきたら、
 残りのグラニュー糖50gを投入しまぜ合わせます。
 全体がなじんだところで火を止めます。

7:山桃を煮込んだ鍋とは別に熱湯のミネラルウォーター60ccに
 ペクチン(5g)を入れて1~2分位とろみが出るまで煮立てます。

8:とろみのでた7のペクチン果汁の鍋へ、6の山桃ジャムを入れ
 弱火で全体をよ~くなじませます。

9:まだ熱い内にビン詰めし(熱い内に蓋を!)、冷めたら冷蔵庫で保管します。

10:完成!!できあがりです♪♪

※この手作りジャムは、瓶詰め後も、開封後も、冷蔵庫にて保存してください。
※賞味期限の目安は、未開封あるいは冷蔵で約3ヶ月です。

一番のおすすめは、夏なのでバニラアイスにかけて食べると、

DSC01309.jpg

うまー。です。

他にも!

そのままパンにかけて食べてもよし。

牛乳に混ぜて飲んでもよし。

使用方法は無限大です。

残念ながら山桃の果実はフルーツ屋さんでは、

なかなか販売していません。

この美味しさを味わうには、まず苗木を育てて収穫です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事