パロティア 三光コンペ斑の苗

パロティアの斑入り葉

● パロティア 三光コンペ斑の品種の特徴

葉に黄斑と黄・緑のコンペ゚斑が入る珍品種です。葉色の移り変わりが美しいパロティアの中でも、さらに斑が入った品種なのでより奥行きのある葉の表情が鑑賞できます。花は可憐な白花です。

学名
Parrotia マンサク科 パロティア属
別名
ペルシャン、アイアンウッド
開花時期
2~3月頃
花色・大きさ・花形
最終樹高
地植え:2m ~ 6m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉中高木)
最終葉張り
直立性
栽培用途
地植え、シンボルツリー、鉢植え、盆栽、記念樹、庭植え、公園など
植栽適地
北海道~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日向~半日陰、
耐寒性強い(-30度)、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんどつかない

斑入りパロティア (三光コンペ斑)の育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは11月~入梅までに行います。寒地では春植えをおすすめします。
日当たりの良い水はけが良ければ土質は選びません。花ひろば堆肥“極み”、完熟の腐葉土をすきこんだ土に植え付けします。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として油粕腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

樹形が整いやすく成長も遅いので、冬の剪定で込み合った枝を根元から切り落とす程度にとどめます。


病害虫の予防法

特に気になる病害虫はいません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事