1年目で収穫できるぶどう
スポンサーリンク

ぶどうは1年目から結果することがあります。

キャンベルスアーリーという品種の1年生挿し木苗です。

直径12cmのロングポットに植えてあります。

1年目からなっております。

1年目から果実がならないものもありますが、ポット苗のまま植え替えをしなければたいてい結果します。

根の生育制限をかけるので花が咲き、樹勢が落ち着いて実がつきます。

正確には樹勢が弱いので実が残るといった方がいいかな。

もし、大き目の鉢や地植えに植え替えをしていたら1年目から果実がならないことが多いです。

キャンベルスアーリーは比較的苗木が若くても果実がなります。

一応、実っただけという感じ。

摘粒もしていなかったし、粒もまばらになってしまいました。

ぶどうは植えて1年目で結果することもありますが、

やはりまともな果実が実るまでは早くて3年はかかります。

ぶどうは前年の貯蔵養分量に応じて果実が実るので、どうしても年数がかかります。

消毒したり、剪定したり、摘粒したり、ジベレリン処理をしたり、

ぶどうの成長とともに、育てている人も育て方を学んだりして成長します。

(育て方を学ぼうとしている方がこの記事を読んでると思います。)

私のおじで、みかん農家のノブオさんは

初めてのブドウ栽培で初収穫まで3年でした。

3年で38房です。

そのさらに3〜4年後。

260房以上収穫できました。

こうなるともう初心者ではありません。

毎日のように、「今年は結果しますか?」とお問い合わせをいただいきます。

「すぐに実がなりますか?」が最も多いお客様からのお問い合わせです。 私も気持ちの中では早い結果を求めています。

1年目はたいした結果がありません。

1個も結果がないこともあります。

でも、植えなければ結果はありません。

なので、いろいろ考えずに、苗木を植えることから始めてください。

とりあえず、植えてみてから考えましょう。

1年たち、結果がなかったとします。

果実ができてもすべて落果したのかもしれません。

「ショックです。」「とても残念でした。」「とてもがっかりしました。」

そんな声を毎年聞きます・・・。

そんなときは、私たちはお客さまを励まし、育て方のアドバイスをし、応援します。

「いつか必ず結果します!」

すると、ときどき、お客様から報告が届きます。

「果実が収穫できました!」

おめでとうございます!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事