培養土を地植えに使う場合のデメリット

ブルーベリーを地植えしようとしている方からのご質問です。

上記の用土はノーザンハイブッシュブルーベリーの地植えに使用可でしょうか。

又、鉢植えと地植えで何故違うのか教えてください。

本商品は鉢植え専用と書いてあり、地植えはピートモス堆肥と掘った土を混ぜる、と説明があります。

掘った土は処分して本商品を入れた場合、なにか好ましくないことがあるのか気になりました。

 


こんばんは。

この度はお問い合わせありがとうございます。

花ひろばオンラインの高井 尽 (グリーンアドバイザー)です。

どうぞよろしくお願いします。

ブルーベリーの土を地植えに使っていただいても大丈夫です。

掘り上げた庭土を処分して、この土と入れ替えていただいても大丈夫ではありますが、

乾きやすくなります。

ブルーベリーの土のように、培養土のほとんどは鉢植えでそのまま使えるようにとの目的で配合をしてあります。

つまりは比重が軽く、水はけが良く、反面乾きやすいよう配合をしております。

鉢植え用に作ってあるため、移動しやすいよう軽めにしてあるのと、鉢植えでは水やりを多用しがちで根腐れしやすいので、水はけが良いようにしてあります。

ブルーベリーの土を地植えの土の入れ替え用に用いる場合は周囲よりも乾きやすくなる場合があります。

地植えだと比重が重くても良いのでピートモスと堆肥や、水はけが悪い場合などではパーライトを混ぜたりします。水もちがよくなります。

地植えでは庭土や畑の土を改良して植えることがほとんどです。

今ある土にピートモスや堆肥を混ぜた方が、量で考えると安上がりになりやすいです。

仮に、直径40cm、深さ40cmの植え穴分の用土の入れ替えを行なった場合、ざっくりですが、64リットルの用土が必要になります。

土壌改良で済ます場合は、10〜20リットル程度のピートモスか堆肥ですみますので、安上がりになります。

 

関連キーワード
  • 枝を横に誘引する方法。エスパリエ仕立て
  • 化成肥料と消石灰を混ぜた土に植えた。大丈夫?
  • 苗木が芽吹かない
  • 培養土を地植えに使う場合のデメリット
  • 土作りと培養土の話。
  • 育て方の質問にお答えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
植え替えの時期と用土
コニファー
神奈川県川崎市の方からのご質問 ご丁寧にありがとうございます。 無事に届き、とても気に入っております。 シーズンなので簡易なクリスマスツリー...
犬がいるのでバラのトゲを取る?
トゲ
昨日無事届きました! 明日は雪らしいので今日の植え替えは見合わせ天気の良い時に行おうと思います。 バラのアプリコットの方はトゲが鋭く大きいの...
菓子くるみが成長しない。
ナッツ
早速ですが、発育状況が適正なのか分からず、問い合わせのメールをいたしました。 菓子くるみが昨年11月に届いて以来、成長しているようには思えな...
土作りと培養土の話。
土作り
植え付け場所の土質にもよりますが、 基本的に植木や果樹は堆肥を使って植えます。 堆肥は植木や果樹、バラなどの樹木に用い、 腐葉土はハーブや草...